電話連絡なしのキャッシングがある?書類だけでOK!

キャッシングをする際に、避けられないのが会社への電話。これは本当に勤めているかどうかの確認です。いつも、自分あてに外部から電話がよくある人なら、それほど問題にはならないかもしれません。ですが、普段は電話なんてかからない人の場合、突然、在籍確認の電話があったりしたら、かなり怪しまれるはずです。中には個人にかかってきた電話はつながなかったりするケースもあるようです。そんな会社の場合、在籍確認の電話は極力、避けてほしいと思っている人も多いと思います。

 

通常、これは絶対にあるものだと思っている人もいるかもしれませんが、実はそうではないのです。書類を提出することで、在籍確認の電話をしないキャッシング会社もあるのです。もし、電話連絡は避けてほしいと考えているなら、書類でOKの会社を選ぶのが得策です。そうしたキャッシング会社としてはモビットとかプロミスがあります。どちらも大手ですが、給与明細でもOKだそうです。但し、会社名と本人の氏名が入っていることが条件となります。

 

会社にバレないランキングナンバーワンのモビット

会社にキャッシングをしていることを知られたくないと言う場合、モビットがおススメです。モビットはインターネットですべての作業ができるので、非常に使いやすいと言えます。ただモビット手続きをWEBだけで完了させるに東京三菱UFJ銀行の口座が無いといけません。口座を持っているなら平日の午後2時50分を越えないうちに審査が終わると口座にお金が振り込まれます。

 

契約したあとに、郵便で何か送らるといったこともありません。皆に知られないという点ではモビットのネットで完結させる方法はベストな選択と言えます。モビットにはモビットカードローンというものがありますが、こっちは会社への在籍確認の電話があるので、注意が必要です。

 

プロミスの場合は、審査を依頼するときに在籍確認を止めてほしい旨を伝えると書類だけで大丈夫です。それ以外のキャッシング会社でも柔軟に対応してくれることもあります。例えば、在籍確認は避けれますかと尋ねると、他の方法を提案されることもあります。それでOKならそのキャッシング会社を利用したら良いと思います。ただ在籍確認の電話のとき、キャッシング会社からの電話とはわからないように配慮するのが普通です。ですから、通常バレるリスクはほとんどないと思っていても間違いではありません。

 

銀行カードローンには注意が必要です

もし、キャッシングをするのが銀行カードローンの場合には注意が必要です。それは在籍確認の電話はほぼ必須だからです。場合によっては本人が出ないとだめだと言うところもあります。ですから、少し面倒かもしれません。銀行カードローンの場合、銀行名で連絡があることが基本です。ですから、それほど心配はいらないでしょう。

 

銀行から電話があるのは別に不自然ではありません。車や住宅ローンなど銀行はいろんな面で利用することが多いからです。会社の人も銀行なら不審に思われないでしょう。それでも電話は嫌なら、銀行は避けて、消費者金融系のほうが良いと思います。融通と言う点ではいろいろと配慮してくれるので、使いやすいと思います。