親に内緒でキャッシングした場合、気をつけないと親ばれする可能性があります

学生の分際でカードローンやキャッシングなんて。と思われる方もいるかと思いますが、学生であっても様々な事情でお金を準備しなくてはならない事もあるかと思います。しかし、どんな事情があっても親を心配させたくないので身内には利用していることを知られたくないですよね。間違った利用をしなければばれることはないのですがまれに家族にばれてしまうケースもあるようです。

 

それは実家で家族と一緒に住んでいる場合です。もちろんキャッシング関係の資料などは郵送で届き親展と書かれているのですが、キャッシングするにあたって届く郵便物の数が一つや二つではない場合もあります。そういった場合、こんなに多くの親展の郵便物が何回も届くなんて一体何なんだろうと家族の方が不安に思い勝手に郵便物を開けてしまうというケースもあります。そこでキャッシングをしていたことがばれてしまうんですね。返済が滞っていなかったとしても、次の融資の勧誘などダイレクトメールの類の郵便物が届くため安心できません。

 

親御さんたちはたとえ子どもが成人していたとしても子どもは何時まで経っても子どもであるという意識の高い方も多いため、いくらプライバシーがあるとはいえ、子どもに危険があるかもと感じた場合は勝手に郵便物も見てしまうものです。こういった郵便物を頻繁に郵送してくるキャッシング会社は比較的中小企業が多いですね。大手であれば必死に営業する必要もなくダイレクトメールの類はそう頻繁に来ないでしょう。大手であれば様々なサービスも充実していることも良いポイントです。その一つに郵便物を一切届かないようにするという方法もあります。どういうことかというと、紙の媒体を使わずネットで全てやりとりすることができるというサービスです。

 

 

ネットを利用ならば郵便物などの心配がなくバレる危険性がない

ネットで全て行えば家に郵便物も届かず、家族にキャッシングしているということを全く勘付かれる事もないでしょう。また、ネットで手続きすることにはメリットはこれだけでなく、邪魔な書類が溜まらないのはもちろん履歴など、自分の知りたい情報が手軽にすばやく見ることができます。この様なサービスは中小企業ではまだ取り入れているところも少なくやはり大手であることが安心といえます。しかしネットであっても油断は禁物です。自分専用で家族と共用でないという方は良いのですが、家族全員で同じパソコンを使用しているという方は履歴などを見られてしまえばキャッシング会社にアクセスしていることを簡単に知られてしまいます。

 

そうなればもちろん親にキャッシングをしていることがばれてしまいますね。しかし、安心してください。そのような心配のある方にとても便利な機能があります。それは今若者のほとんどの方が持っているスマートフォンを利用して手続きするという方法です。スマートフォンであればほとんどの方が自分専用のプライベートな物ですのでパスワード等の設定をしておけば他人に見られることはほとんどなく、もちろん家族にキャッシングをしていることがばれる心配もありません。この機能は大手を主に少ししずつ採用しているキャッシング会社が増えています。

 

しかし小さな会社ではまだまだそういったシステム開発に手がまわらず原始的な方法の手続きをとっている会社も少なくありません。常に最先端の便利な機能を研究開発し続けられる大手の会社を選んでおけばきっとあなたにあった使いやすいキャッシング方法ほ提案してくれるでしょう。