ブラックリストとは

金融機関やカードキャッシングなどで融資を受けた場合に、返済日に支払うことが出来なかったり、その際に業者に支払えなかったことに対して何の連絡もしなかったことで業者側とトラブルになってしまったことを、業界では「事故」と呼びます。

 

このような事故情報は「信用情報機関」という、融資を受ける際の「審査」に利用される個人の信用情報を扱う機関に記録されます。信用情報機関にこの「事故記録」が残っている人を「ブラックリスト入り」と呼ぶケースも多いのですが、特別にそのようなリストがある訳ではありません。

 

事故記録として残ってしまうもの

 

この事故記録を扱う機関として

 

  • 「日本信用情報機構」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」
  • 「CIC」

の3つがあり、国からの指定を受けて個人の信用情報を管理をしています。この3つの機関は基本的に信用情報を共有しており、その情報が金融機関の審査に利用されています。ですが、必ずしも共有されているとは限りません。1つの機関では事故としての記録が残っていても、他の2つの機関には載っていないこともあります。

 

事故記録として残ってしまう代表的なものとして、以下が挙げられます。

 

  • カードキャッシングなどで融資を受けた際の返済の遅延
  • クレジットカードなど分割ショッピングを利用した料金の未払い
  • 携帯電話機の分割支払い金の未払い
  • 携帯電話料金の度重なる遅延
  • 奨学金の返済の遅延

 

このようなの事故記録が信用情報に載ってしまうと、次にどこかの金融機関から借入などをしたいと思った場合に金融機関側に「この人は信用できない」と判断される要素になり、審査が通らない理由になってしまいます。また金銭の融資を受ける時だけでなく、車のローンや住宅ローンなどを組もうと思った際にも、この信用情報機関に残っている事故記録が元でのローン自体の利用ができない場合や、返済回数などに制限が設けられるようなことがあり、その他の金融サービスの契約を結ぶ際にも希望通りに聞いてもらえないことがあります。事故記録が残っている=「信用を失っている」という状態なのです。

 

事故情報は消えない?

金融機関やキャッシングなどで融資を受ける場合における一番大切なルールは「借りたものは返済プラン通りにきちんと返済する」ことです。これを守れない利用者とは取引をしたくないと考えるのは業者側から見れば至極当然のことなのです。その為に事故情報を活用して「きちんと返済できそうにない」人には貸さないようにしています。

 

この事故記録ですが、一度信用情報機関に載ってしまうとそのままずっと残り続けるという性質のものでもありません。実は一定期間が過ぎると自動的に消去されるようになっています。最長で5年間くらいだと思ってください。ですが、事故の内容によっては更に長く残されることもあります。例えば返済日に支払えないことが複数の業者で何度も続いたりしたような場合は悪質と判断され、もっと長く残ってしまうことがあります。

 

返済日に間に合わないようなケースでも、借入をしている業者にきちんとした対応をとることで事故記録とは扱わないケースもあります。どうしても都合が付かないと事前に分かっているような場合は返済日前にその連絡をして、返済についてきちんと相談することが大切です。来週になれば支払えることが確実に分かっているようなケースであれば、それまで返済日を延長してくれるような対応をとってくれることあります。事故を起こす前に、まずは連絡をしてみましょう。

 

総括

このように、厳密にはブラックリストというもの自体は存在しませんが、その代わりとなる信用情報機関に事故情報が残っていると、新規の借入はほぼ出来ません。その他の金融サービスの契約の際にも断られたり、制限を設けられることがほとんどです。

 

ですが、3つある機関のうち1つの機関では事故として登録されていても、他の2つの機関ではされていないこともありますので、その2つの機関の方を審査に利用している業者を選ぶことで新規の借入などが可能なこともあります。使用しているクレジットカード会社や借り入れをしている金融機関などがどこの信用情報機関を利用しているかを確認しておくことも大切になります。

 

また、意外と甘く見られがちなのが携帯電話料金の遅延です。これも何度も続くことで立派な事故情報になってしまい、新規のカードが作れないようなことも起きますので、注意してください。